老後は都会暮らし?田舎暮らし?☆そのメリットデメリット


定年退職後は田舎暮らし

私が定年退職をしたら住みたい家ならやっぱり田舎暮らしがしたいと思うから、都会よりも田舎がいいです。
また、自給自足っていうのをやってみたいと思っているのですよね。

今まで頑張って働いてきているのですが、その分ゆっくりと過ごしたいと思うだろうから、時がゆっくりと流れる田舎暮らしがしたいです。

また、現在は雪が降る地域にいるので、雪のない地域がいいですね。

定年退職だから体力も若い頃みたいにないですから、雪はねするのは大変だと思います。なので、雪がなくて比較的気候もよく、住みやすい地域に家を建て住みたいです。

住みたい家としてあげるなら、原発問題がありますがやはりオール電化の家に住みたいと思っています。

太陽光発電システムを設置して、平屋の家に住みたいですね。
週末はみんなでわいわいできるように、庭があってバーベキューをやったりの定年退職した後も楽しみたいです。

そしてこだわるなら、お風呂を大きめにして足が伸ばせる浴室で、檜風呂に出来ればいいなと思います。

田舎でこじんまりと過ごせる、純和風の家に住めたらいいなって思います。これが私の住みたい家ですね。


Copyright (C)2015老後は都会暮らし?田舎暮らし?☆そのメリットデメリット.All rights reserved.